新着情報

登録企業の方、メンバー登録がお済みの方はこちらからお入りください。

会員専用MYページへ
入会希望の方はこちらから
メールマガジン購読を希望される方は、こちらからお申込みください。
品川区
品川区ものづくり支援サイト
ものづくり品川宿

新着情報

2013.01.01シリーズ第4回セミナー「気候変動を踏まえた食料問題」

【日時】
2013年2月13日(水):18:00~20:00

【場所】
品川ビジネスクラブ
品川区大崎1-6-4 大崎ニューシティ4号館1階東

【参加費】
会員/1,000円 非会員/5,000円

【定員】
25名(先着順)

【申込方法】
会社名、所属・役職名、所在地、電話番号、メールアドレス、受講者名、受講希望セミナータイトル名を記載の上、下記メールアドレスまでお申込み下さい。
info@shinagawa-businessclub.jp

【講師】
慶應義塾大学 環境情報学部 准教授 / 医学部 准教授(兼担)
神成 淳司 氏

博士(工学)。
慶應義塾大学環境情報学部准教授、医学部准教授(兼担)。
慶應義塾大学SFC研究所アグリインフォサイエンスラボ代表、同ヘルスサイエンスラボ共同代表。
1971年静岡県生まれ。
慶應義塾大学環境情報学部卒業後、IAMAS、岐阜県技術顧問などを経て、
2007年慶應義塾大学着任。現在に至る。専門は情報科学(産業応用)、情報政策。
次世代社会基盤の構築に関する研究・取り組みを進める。
また、産業構造審議会など各省委員を歴任。
2011年には、東日本大震災復興構想会議専門委員を務めた。
現在、内閣官房 政府CIO補佐官として、政府の情報政策を牽引する。

【概要】
「ジオサイエンス」(全4回セミナー)
シリーズ第4回セミナー「気候変動を踏まえた食料問題」

 様々な環境計測データに依れば、近年世界的な問題とされてきた地球規模での温暖化はまもなく終わり、今後数十年規模での地球冷却、氷河期の到来が懸念されている。大規模な気候変動は作物の植生・生育に影響を与え、全世界の作物生産量を減少させる。一方、国連予測に依れば、昨年70億を超えた世界人口は、2050年には90億人超まで増加する見込みとなり、世界規模での食糧不足が懸念される。この世界的な食糧危機に際し、科学技術はどのような役割を果たすのか。我が国の厳しい食糧自給状況も踏まえ、検討していく。

新着情報一覧へ戻る
ページトップへ戻る